2007年01月16日

「手紙」

明日、小テストがあるので勉強しなくては と思いつつ。
かなり前に「オススメの漫画は?」というコメントをもらったので、そろそろ書かなくては と思いつつ。
本当に本当のお気に入りは、前の記事で出しちゃったんだよねぇ。。

昨日読み終わった本の紹介をします。(ぇ
1年に1冊小説を読むか読まないか、そんな頻度で、指の先っちょで活字に触れてる奴ですが。






あなたは、突然身内が強盗殺人を犯してしまったら、どうしますか。
しかもその犯行が、あなたのためだとしたら―――


あらすじ(Amazon.co.jpより引用)
武島直貴の兄・剛志は、弟を大学に入れてやりたいという一心から、盗みに入った屋敷で、思いもかけず人を殺めてしまう。判決は、懲役15年。それ以来、直貴のもとへ月に1度、獄中から手紙を送る剛志。一方で、進学、恋人、就職と、つかもうとした人生の幸福すべてが「強盗殺人犯の弟」というレッテルによって、その手をすり抜けていく直貴。日を追うごとに、剛志からの手紙は無視され、捨てられ、やがて…。



すごく重い内容です。それなのに、すごく読みやすい。(内容が、ではなくて文章が、ね)
難しい言葉を並べて書くんじゃなくて、できるだけ私達に近い所で表現されていて、「犯罪」は私達が普段思ってる程、非現実的なものではないと思わされる。
どこの誰でも、なり得るんですよね。「犯罪者」にも「犯罪者の身内」にも。

もしも、自分の兄が、自分のために罪を犯してしまったら。
それによって、自分の人生が狂わされたとしたら。


私は、こういう問題について考えている方だと思ってましたが、今まですごく偏った見方をしていました。
被害者側からしか、想像したことがなかったんです。


何が正しいのか、何が本当に悪い事なのか、分からなくなりました。





文章力が足りなさすぎるため、短い感想文しか書けません;オチないし;
でも、できるだけたくさんの人に読んで欲しい本です。
posted by @tsuko at 20:06| 香川 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) |
その他のこと
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もしかして、最近映画化された小説だったりします??
ん??それとは違うかな??(汗
けど、そう考えると犯罪ってよくないですね(。-`ω´-)
身内にまで迷惑をかけてしまうんですね・・・。
1000円以内で安いですね!!買ってもらおうかしら??(笑

3回目、入れ違わなければいいですね!!
もしかしたら、土曜日。
ウチ、遅くに入るかもしれませんorz
そして、落ちるの早いかも(汗
けど、楽しみにしてます♪@tsukoさんも、自分に合う時間で来てくださいね( *゚∀゚)v
Posted by キゾク at 2007年01月16日 23:29
量キゾクさま

そうです、そうです!
山田孝之と玉山鉄二の。
是非、買ってもらって読んでください(笑

そうなんですか・・・
でも、少しでも話せたら嬉しいです。楽しみ♪
Posted by @tsuko at 2007年01月17日 20:56
こんばんは^^

手紙私も去年の秋ぐらいに読みました!
今人に貸してます(笑)
意外に分厚くてどんな話じゃこりゃーとか思ってたんですが…。
東野さんは本当に上手いですよね。
私は中学の先生に勧められて東野圭吾さんを読んだんですが…
ギャグ、と言うか喜劇タッチのものも書かれてて、それも面白いですよ!

…話が飛びましたが…^^;
手紙、現実感があってリアルで、暗くなりそうな話ですけど、助けてくれる人がいて、どことなく希望が見えて先が読みたくなると言うか…
ほんと偉そうに言えないんですが(笑)
社長の言葉には感動圧倒されまくりでした。

またお勧めの本があったら教えて下さいね!
Posted by 香 at 2007年01月18日 22:55
量香さま

コメント返し、遅くなって申し訳ないです;

私、元々小説をあまり読まないので、母から勧められても最後まで読める自信がなかったんですよ。
でもけっこうサクサク読めました。

へー!喜劇。今度読んでみたいと思いますw

希望が見えても、また断ち切られちゃうんですよね。
結局はああいう選択をするわけなんですけど・・・
社長すげーよ、どうやって生きてきたんだろう あの人(笑

本、次はいつ読むか分からないんですけど、その時には紹介したいと思います!!
Posted by @tsuko at 2007年01月20日 22:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。